title_blog.gif

多事騒動:2007年バックナンバー

■2007/12/30 (日) 行く年 来る年

今年も早いもので後わずかで1年が終わろうとしています。
振り返れば、今年は禊の年。
落選覚悟を決めての出馬に、予想外の上位当選という結果。
2期目のチャンスを皆様からいただきました。
しかしながらその責任は1期目よりも
遥かに重く感じる今日この頃です。
たったこの半年で、多くの色んな方々と
会う機会をいただきました。
それは大きな知恵であったり、
勇気与えてくれる方々でした。
また市民の生活、生々しい現場というものを数多く見てきました。
そこには苦しむ人、怒る人。数多くの市民の不満。
その現実に直面し、どうすれば筋道をつけれるのか?
どうすれば解決出来るのか?
いまだ試行錯誤の連続の日々です。

僕の前に聳える大きな課題は、
時には自分を弱気にします。
しかし、あきらめません。
人生1回くらいボロボロになるまで
やってみたいと思ってます。

その市民の思いをいただき、
私はこの議場にいるからこそ、
自分の役割を果たしたいと思います。

時には人を失うような判断をしなければなりません。
とても悲しい事ですが、
筑紫野市の未来の為なら。

2008年。

僕の真価が問われる年と思って、
突っ込んでいきます。

皆様、よいお年を。

■2007/12/28 (金)夜警

今年も年末夜警ということで3日間朝3時まで、
消防小屋を軸に地域の警邏をいたします。

寒い中ではございますが、
この夜警の唯一の楽しみは夜食でして、
今回はキムチ鍋・・。嬉すぃ~~!

鍋食って元気出して、
地域警邏に励みます!!

皆さんには、火事など充分に留意して、
年末、年始を過ごしていただきたいものです。

火の用心!!

■2007/12/24 (月)第3回ちくしのドリームプロジェクト

今年もやってきました!
ちくしのドリームプロジェクト!
地元が生んだスーパースター、
日本ハムファイターズ 田中賢介選手!!

残念ながら今年は日本一にはなれませんでしたが、
2年連続のベストナイン。
犠打では新記録を樹立するなど大活躍でした。

色んなテレビ番組でも拝見する機会が多くなり、
自他認めるスーパースターなったんで、
高級車とか乗って、会場に来るのかな?と思いきや、
今年もまた自分でファミリーカーを運転して来ましたw
少しはツンケンしてるのかなと思いきや、全然変わってない!w

やっぱ一流選手とは、人柄も一流で素晴らしい。

ひとりで感激しっぱなし。。

野球教室では、キャッチングや、バッティングを教え、
その後、賢介選手がピッチャーでの試合形式。

打つ方も守る方も応援する方もスタッフも大盛り上がり!w
ヒット打った子供は、得意満面の笑み。
それはそう、賢介選手からヒット打ったと自慢できますから。

そんな歓喜あふれる球場。。

最後では、賢介選手と佐藤選手からの
クリスマスプレゼントを。。
子供達は大変喜んでいました。
今度は子供達からのプレゼントとして、
寄せ書きの書いた色紙と花束。

控え室で両選手とも寄せ書き見てましたよ!

教室も無事終わり、
賢介選手から、「来年もよろしくお願いします」と一言。

こんな貧乏運営で申し訳ない。。

佐藤選手には、
「いつもお忙しい所すみません。」と言えば、
「アットホームで楽しんでます!」
なんつー温かいお言葉。。いい人ですね。。(泣)

選手達には感謝です。
来期は賢介選手もちろん、佐藤選手、
更に応援しなくては!!
活躍も期待してます!がんばれ~~!!

またボランティアでお手伝いしていただいた皆さん、
本当にありがとうございました。

また来年お会いしましょう!!

■2007/12/22 (土) 注連縄つくり

本日は神社の正月用注連縄づくりをしました。
選りすぐりの藁を束ねて、ぐるぐると巻いていきます。
これがかなりの力仕事!!
大人10数人かけて、「ヨイショー」と
掛け声をかけながら作っていきます。
なんとか、大小10本の注連縄を作り上げ、
本殿や鳥居などに飾りつけをしました。

ふと考えれば、もぉ1年が終わってしまうんですよね。

早いなぁ。。

■2007/12/05 (水)普通救命士講習

今日は議員全員で普通救命士の講習を受けました。
皆さんもご存知のように、公共機関や駅などに常備されている、
AEDを使った蘇生法を学びました。
先ずは、現場で活躍している救命士の先生からレクチャー。

さぁいざ実技へ!
呼びかけや、心臓マッサージ。。。
更にはAEDを使うんですが、
これが順序を忘れたりと、
これが教えてもらったように出来ない・・・。

何度も何度も復習しながら、
何とか無事に覚えることが出来ました。
講習終了後、認定書をいただきましたが、
もし事故などに遭遇したらと・・、
少し不安ではありますが、おまかせください!!(←大丈夫?)

みなさんも受けてみてはいかがですか?
お問い合わせは筑紫野市消防署まで
http://www.chikuta119.jp/sikeninf/19kyukyukosyu.html

■2007/11/30 (金)36歳

早いなぁ・・・。、
本日を持って36歳になりました。
実は年男。

ということで、勝手ながら1日休みをいただきまして、
宮崎県は高千穂へ三社参りをしてきました。

九州にいながら、高千穂へ行くのは初めてでありまして、
いざ足を踏み入れれば、神妙な雰囲気の印象を受けました。

先ずは高千穂渓谷でボートに乗り、
雄大な岩山を眺め、
そして高千穂神社へ、
(創建はおよそ1800年前といわれ、日向三代の神々と神武天皇の御兄三毛入野命一族が祀られています。)
それから、くしふる神社
(瓊々杵尊をはじめとする国譲り神話の神々が祀られています)へ、
最後に有名な神話の舞台でもある天岩戸神社へ、
(岩戸神話を今に伝えるこの神社は、天照大神がお隠れになった天岩屋戸を御神体としています。)

こうして3社参りを終えましたが、
ひとつひとつ神社をお参りするたびに、
気が引き締まりました。

長い歴史の上。
自分の存在する点は僅かなもの。
そう考えれば36歳という年数では、
まだまだ考えきれないこと、
まだまだ未熟であること、
まだまだ精進しなければならないこと、
気づく事が多く、
その答えは未だわかりませんが、

この歴史上の僅かな点が、
小さくとも価値のある点であるためにも、
何事も謙虚に受け入れる事が
大切なんだと考えました。

我がの命。

ゴシゴシ磨き、
その輝きは、
みんなに喜んでいただける物を
生むことが出来ると信じます。

36歳。。
年男。
猪突猛進ですが、謙虚さを持って、
この歳をぶっ飛ばして行きます!!

どうか皆様、
今後とも赤司たいちを磨いてやってください。
宜しくお願いいたします。
            

■2007/11/29 (木)宝満環境センター 火入れ式

宝満環境センターが稼動開始しました!
本日はその記念すべき火入れ式がありました。
このセンターは筑紫野市・小郡市・基山町の
2市1町で運営するごみ処理場です。
溶融炉や様々な設備には最新型を導入しており、
特にダイオキシンを排出しないという、
最先端なごみ処理場として、注目されています。

この稼動開始を待ち望んでいる方は多かったことでしょう。

その稼動第1歩としての火入れ式。。。

神式で安全祈願を厳粛に行い、
ボタンを押して、いざ火入れ・・・。

意外に呆気ない作業ではありましたが、
モニターに映る炎は勢いよく点火していました。

これから約18万市民町民の生活を支え、
また環境整備という大きな役割を背負い、
これから何十年も働いてもらいます。

しかしながら、この最新型ゴミ処理場開設に伴い、
我々市民は、環境問題を更に考えていかなくてはいけません。
ゴミ処理場頼るんではなく、ゴミを出さない。
この概念は必要です。

自分に何が出来るか?
そこから始まる環境保全。。

■2007/11/23 (金)ブラウン管の向こうの人

本日は北九州市議会議員の森ひろあきさん(全国若手市議の会会長)の
政経セミナーがありました。
残念ながら、セミナーには間に合うことが出来ず、
2次会から参加させていただきました。
ちなみに政経セミナーは盛況でありましたとの事!

今回の講師には、朝生テレビなどで有名な
西部邁さん。
つくづく森さんの人脈の凄さには敬服です・・。
ブラウン管の向こうで活躍している著名人ということで、
それも辛口評論家ということもあり、
かなり緊張しました。。。

しかしながら、テレビでのしかめっ面イメージとは違い、
本当に気さくな人柄で、人懐っこい笑顔。
確かにかなりきっつい事言ってましたが。。
ひとつひとつの発言の裏づけは
さすが一線で活躍する評論家だけあるなぁと
感心するばかり・・・。

2次会は盛り上がり、その勢いというのでしょうか?
西部先生とカラオケに行きました。
軍歌や懐メロばかり・・・・。w
驚いたのは先生が意外や意外、歌が上手い!!

カラオケで盛り上がった後、
そのままラーメン屋へ。。

道を歩けば確かに西部先生に、
気づいて振り返る人もいましたが、

いつのまにか感覚が、酔っ払っている気のいいオヤジさんと
カラオケ行って、ラーメン食ってるという感じですw
ブラウン管の向こう側の人なのに、
そのギャップは、ますます魅力的に感じました。

人間の器量というか、命賭けている人間って、
どこか共通している部分があります。

ライオンみたいというか、
闘いの場の目ん玉と普段のやさしそうな目ん玉。

こうした人物に出会える機会を与えてくれた
森さんに感謝です。

ありがとうございました。

■2007/11/19 (月)小国のばぁちゃん

悲しい事がおきました。
それは私が生まれた時から、自分の孫のように
かわいがってくれたばぁちゃんが亡くなった事です。
自分の祖母の妹になるのですが、
僕も自分のばぁちゃんのように慕っていました。

「小国のばぁちゃん」

僕はそう呼んでいました。

ばぁちゃんを蝕んだ癌。
90歳という老体では
勝つことは出来ませんでした。

しかしながら、
その眠る姿はとても安らかであり、
白無垢衣装を着たばぁちゃんは綺麗でした。

目をつぶると幼き頃を走馬灯のように、
蘇ってきます。

小国へ行けば、かならず
川へ鯉を見に連れてってもらったこと、
神社へ行ったり、温泉行ったり。。
みょうが入りの味噌汁。
冷蔵庫にある三ツ矢サイダー。

そして僕が帰る姿を窓から見送る姿。。。

ばぁちゃんのぬくもりは、
「故郷」そのものでした。

思い出せば胸が詰まります。。

病気が悪くなってからも、
僕の選挙の事や僕の事を
心配してくれてました。

ばぁちゃんはいなくなったけれども、
いただいた、そのぬくもりは、
僕の心にいつまでも灯り続けるでしょう。

死に目に会えんかったけど、
また会えるような気がします。

寂しくなるけど、
ばぁちゃんさよなら。
ほんとさよなら。

また会う日まで。

■2007/11/13 (火)暴力追放キャンペーン

市内に実は暴力団があります。。
そんなものがあるとは物騒なものです。
今年に入り、暴力団同士の抗争があっており、
住民も何が起こるかわからないと、不安の事でしょう。
こうした不安を払拭するため、
本日は警察と市がタッグを組んで、
この暴力団を追放しようというキャンペーンがありました。

まずコミュニティセンターに
警察や市民が約300人以上が集まり結団式を行いました。
その後、近くにある事務所へプラカードや旗を持ち、
シュプレヒコールをしながら、歩きました。

「暴力団は出て行けー!!」

事務所の前へ着けば、
そこでみんなでシュプレヒコール!!
みんなの声で、みんなの力で!!

しかし、こんな事一人では出来ませんよねぇ。。。

警察に取り囲まれた市長が、
嘆願書?を持って事務所へと。。

緊張が走ります。。。。

中には組員がいたらしく、
それを渡して帰ってきました。

こうして暴力追放のキャンペーンは
終わりましたが、私が想像していた組事務所ではなく、
普通の住宅街に普通の外観の家だったことは驚きました!

私達が知らないところに、
こういう脅威が潜んでいると考えれば、
恐ろしいことですね。。

皆さんもお気をつけください。
また怪しいと思ったなら、すぐに警察へ!!

警察は頼もしい存在です。悪いことしなければ。。。w

■2007/11/04 (日) また。。。負けてしまった。。

待ちに待ったフットベース大会がやって来ました。
今年は他の方が監督をすると言う話でしたが、
突如監督の話が舞い降り、それを引き受け、
短い練習期間ではありましたが、頑張ってこの日に臨みました。。。

しかしながらチームの子供達を勝たせる事ができませんでした。。。

練習試合では、好調だった打線も、
本番では本来の姿が、なかなか出ません。。
結局、後半に大量得点。。。

ふとしたエラーがエラーを呼び、
均衡していた試合も、この回で勝負が決まりました。

試合終わって、
子供達が「悔しい」と言いました。

この子供達の気持ちを、
何とか来年。。。つなげたい・・。

しかしながら、来年は監督交代という話。

本当に悔やんでも悔やみくれないほど、
へこみます。。。

もっと練習しておけば。。
もっとこうしたら。。

来年は監督ではなくても、
なんとかチームに関われたらと思ってます。

なんとか勝ちたい。
勝つ喜びを教えたい。。。

■2007/10/27 (土) 観月会

毎年恒例の筑紫野市3大行事のひとつ。
天拝公園で行われる観月会。。
昼まで雨がばらつき、どうなることやらと心配してましたが、
何とか雨は降らず、曇天の中開催されました。
昨年より、悪天のせいか少ない感じを受けましたが、
それでも多くの市民の方々が楽しみに来ていました。
舞台では太鼓や踊りが披露され、会も盛り上がって来ました。

ふと上を見上げると、雲の隙間からお月様が・・・。
まるで恥ずかしそうに・・・。

秋の夜長に花火があがるということもあり、
次第に人も多くなってきました。

私も花火を楽しみにしていたところ、
電話が・・・。

どうやら友人からの緊急なお誘い。
ありがたいやら、むかつくやら・・。
結局見ずにトボトボ友人の元へと行きました。

しかしながら、印象的だったのは、
会場に来ていた外国人のカップルが、
風情を感じながら月を眺めている姿でした。

彼らが母国で見てた月も綺麗だったかもしれませんが、
ここから見る月は世界一美しいんですよ!!

■2007/10/16 (火)中部十市議員研修

毎年恒例の中部十市議員研修が福津市で行われました。
午前は西日本新聞の大西直人氏の基調講演。
地方議会の存在が薄いこと指摘され、
地方議会に対して、市民リサーチしたところ、
不満は61%ということを聞いて、かなりがっかりしました。
議員として、議会として、市民にしっかりとしたメッセージ、
問題提起をしていくべきだと痛感しました。
政治を身近に。。。この不満度をせめて半分までに・・。

午後からは十市の議員さん達との交流を深めるための
グランドゴルフ。。
毎年上手な他市の議員さんに囲まれ、悲惨なスコア・・。
私のせいで、筑紫野市は優勝できないと言われ、
今年こそはと臨んだこの日!
なんとか今年はいいスコアとは言えませんが、
平均的なスコア・・。
さて結果は・・。
団体では筑紫野市6番目。
個人では、なんと我が会派の平井議員が初出場で初優勝!!
すごぉ~~~い!
練習しなくてこれですから、
生まれながらセンスというもはありますね・・。(TT)

実は韓国研修から熊本研修、そして今日の研修と、
1週間研修漬け、それもどれも中身が濃い。。。
さすがに疲れました・・。

さて問題はこの研修で学んだ事をどう活かすかです!!
考えるとさらに疲れるぅ・・。ふぅ、、、

■2007/10/15 (月)全国市議会フォーラム その2

パネルディスカッションでは、神野直彦氏をコーディネーターに、
林宣嗣氏(関西学院大学教授)、青山彰久氏(読売新聞東京本社編集委員)、笠京子氏(明治大学大学院教授)、牛嶋弘氏(熊本市議会議長)
がパネラーとして参加。ひとりひとりの話す時間長く、
ディスカッションとは・・?しかしながら、牛島議長の議員の本音に近い
お話は、私も思わず「そうだ!!」と叫んでしまいました。。

2日目はコーディネーター横道清孝氏(政策研究大学院大学教授)を迎えて「予算決算審査のあり方」報告者 富山市・多摩市 「委員会運営のあり方」報告者久留米市 のプレゼンがありました。
特に面白かったのが多摩市。市民代表としての議員の政策評価表を作成し、実効性、実現性を市民にわかりやすく(議会たよりやHPなど)公表しています。しかしながら、この政策評価の問題点としては、?@採決でまとまらない?A観点基準の違い?B様々の議員能力として挙げられ、評価の妥当性と明確性を更に追求しているという報告でした。

今回このフォーラムに全国から約1600人もの議員が参加しました。
こうして日本各地で色んな実情があり、色んな課題があり、知恵を絞り、
色んな方法で、色んな取り組みが行われています。

全国各地、どこでも議会は存在し、そこで議論があっている。
このフォーラムを通して、全国の議会が更に活性化すれば、
地方は変わり、日本も変わるでしょう。

まずはこのフォーラムに参加した我が会派全員で、
もう一度議会のあり方を考え、議論したいと思います。

■2007/10/15 (月)全国市議会フォーラム その1

熊本にて全国市議会フォーラムが開催され、
会派全員で参加しました。
ファーラムは2日間あり、
基調講演には小泉内閣の懐刀であった、
竹中平蔵氏(元内閣府特命担当大臣)が招かれ、
「地方行政の課題」というテーマでお話を聞きました。
なるほどなぁと感心しながら、ノートに書き込んでいました。
これが後から見ると何書いているやら。。。w

特に印象が強かった話は、
世論形成するための手がかりとして、
問題の所在をわかりやすく住民に伝える事。
それは住民に問題意識を持たせることで、
人任せではならない事を認識させ、
議員としての更なる質も問われ、
議会では徹底化した議論が生まれ、
2元代表制としての機能が高まる。
地方分権は各地からもっと声をあげるべきというように、
地方各地で議論こそが、国を動かす原動力となることだと
解釈しました。

そしてスウェーデンにおける
社会サービスの事を
オムソール
「悲しみを分かち合うこと」と言ってました。
(私のノートと頭の中には、そう書きとめています?)
地方財政が厳しい中でこそ、
こうした互助的精神が必要になってくると感じました。

そしてパッション(情熱)
この言葉を何度も竹中氏は述べていました。
すべてに情熱!!
もしかしたら、馴れ合っている部分もあるかもしれないと、
考えさせられました。
竹中氏の内容は地方分権一括法推進による、
地方の課題(悩み)をよく把握していて、
わかりやすく、大変為になりました

■2007/09/29 (土) ドットJP~最終報告会~

早いもので、7期目のインターン生が卒業します。
振り返れば、今回もまた色々と学び多き事ばかりでした。
朝の駅頭演説、ビラ配り、歩スティング・・。
議会傍聴や委員会傍聴など。
色々ご苦労おかけしました。

日ごろ気にもしない事かもしれないけど、
このインターンを通して、
少しは政治が身近に感じたのでは?

最終報告会では、
表彰を受けるような指導が
出来なくて申し訳ない。。。
けれど、ぜひこのインターンで見たこと、
感じたことをこれからの人生役立てほしいものです。

特に私みたいな不甲斐ない議員を通して、
自分がしっかりしなければという、
自覚が芽生えたのでは??

我が人生、変幻自在。
思い通りです。

なんでもトライ。
何度でも失敗。

でもその成果は、
必ず差を生みます。

私はいつでも君達の味方です。

悩みがあったら、
いつでも来んしゃい!!

本当に短い期間でしたが、
感謝!!ありがとう!

■2007/09/23 (日) 筑紫消防団魂 その2

いよいよの発表に、みな緊張と期待が膨らみます。
消防車の部門。
1位大野城市・・・2位・・・。
筑紫野市の入賞はなりませんでした。
ポンプ部門
1位春日市・・・。

「来い!筑紫野市来い!」

2位
那珂川町・・・。

それはたった1度の
「暑くて長い夏」の終わりでした。。。。

練習風景が走馬灯のように蘇ります。
ホースを抱えて駆け回る姿。
足を引きずりながら走る姿。
どれもこれも。。。

入賞は出来なかったけど、
それは悔しい結果だろうけど、
あの時の目ん玉は忘れません。

それより筑紫野市消防団というプライドを持って、
僕らの代表として闘った選手たちに
敬意を表します。
僕らの胸に筑紫野消防団魂が
更に濃くなりました。

本当にいい思い出と経験ありがとうございます。
仲間として誇りに思います。
そしてお疲れ様でした。

■2007/09/23 (日) 筑紫消防団魂 その1

いよいよこれまでの練習の結果が出る日。
筑紫地区消防躁法大会が行われました。
先ずは消防車の躁法です。
筑紫野市は一発目。
自分も選手になった気分です。
心臓はバクバク・・・。
多くの観衆の前。躁法開始の合図!

開会式直後というのもあり、
多少リスクがあったせいか、いつもの調子が出ません。
それでも選手たちは、魂を込めて走り回ります。

「いけー!」
団員たちは声を荒げ、選手たちに檄を飛ばします。
タイムはバッチリでしたが、規律などにチェックが入ります。
結果は閉会式で・・。

次々に他市の躁法が始まります。

かなり上手い。。。。
それは神業のように、合わせてきます。
「やばい・・。」
なんとなく気落ちしそうな感じでしたが、
タイムが遅れたりと、まだまだわかりません。

続いてポンプ躁法です。
我が筑紫消防団からも選手を輩出しているせいか、
特別に思い入れのあるチームです。
成功してほしい。。

筑紫野市は4番目の登場。

次々に出場する他市チームは、
またこれが上手い。。。
でもいつもの練習のようにできれば、
必ず優勝できる!そう信じての筑紫野市チームの登場。

応援する団員にも緊張感が走ります。
選手は尚更でしょう。

躁法開始の合図が!

一発目のホースが綺麗に伸びた!!

「よし!行ける!」
駆け巡る選手・・・。

この一回だけのために、
毎日練習を積み重ねてきました。

私も覚えていないほど緊張してました。

タイムは45秒!
ぎりぎりのタイム。あとは規律でチェックが入ります。

やることはやった。
選手たちを見て、そんな感じを受けました。

すべての演技を終え、結果発表。

■2007/09/12 (水)春日市議会傍聴

議会中でしたが、休会日ということもあり、
春日市議会がちょうど個人質問。
何か参考になればと、傍聴へ行きました。
いやぁすばらしい議会です。
まず議会棟の綺麗さは、うらやましい限りでした。
議会のつくりや、会派室、ロビーや議長室・副議長室などなど。。
特に議会中継がケーブルテレビで流れているという、
緊張感は、筑紫野市にもいつかは・・。と考えています。
傍聴席も広く、議会を見渡せれれるようなつくりで、
私のほかにも多くの傍聴者が来ていました。

そうです。
確かに上を見れば限がないのですが問題は中身なんです。

春日市市議会の個人質問は筑紫野市と違い、
時間制と回数制を選べます。
筑紫野市は1つの質問につき、
3回までの回数制。
時間制とは一問一答形式であり、
何度でも質問できます。
いずれの議員の質問を聞いてましたが、
面白い質問。考えさせられる質問。
なるほどなと思うような答弁と、
非常に参考になりました。

議員によっては、時間制でありながら、
前段が長すぎて、質問趣旨が見えなかったり、
せっかく一問一答ならば、バサバサ問答が
繰り広げられるのかと思いきや、質問がダラダラだったり、
もちろん議論として成り立ってますが、
回数制で、しっかりとまとめて質問するほうが、
答弁もしっかり出てきそうな感じがしました。
議会を見終えて、この2択性も一長一短と感じました。

他所の振り見て我が振りなおせ・・・。

私も傍聴者から、見られていることを意識しながら、
壇上へ立つ事を忘れないように。。。

しかし質問は本当に難しいものです。
いい勉強になりました

■2007/09/09 (日) 三校友愛セール

本日は三校友愛セールということで、
2年に1度行われるバザーです。
体育館いっぱいの品物!どれも安い!
来賓という立場をいただきましたが、
気持ちは消費者でした・・。

開場1時間前というのにすごい行列・・・。
確かに会場に入らないと
わからないということもあり
まさに福袋気分です♪

さて、私も列が終わりかけた頃入場しました。
まだまだいい品が残ってます。
ちなみに私はバッグと、灰皿など買いました。

買い物終えて、ふと横を見れば
どこかで見た顔。。

それはうちの嫁さんでした。
両手に抱えた紙袋を私に見せ、
満足気に帰って行きました。

たくましい。。。w

日ごろ何も買い与えていない嫁さんの、
2年に1度のストレス発散の場
といったところでしょうか?

ちなみに家に帰れば、
意外に要らないものも多かったりして・

■2007/08/31 (金)ポンプ躁法大会に向けて!

9月23日筑紫地区消防ポンプ躁法大会に向けて、
月曜から金曜日休まず練習しています。
といっても私は選手ではありませんが、
私の属する筑紫分団が、
今回の大会へ出場する権利があり、
私の仲間が選手として頑張っています。
あれこれ練習を始め2ヶ月を経とうとしてます。
選手たちもかなり疲労が目立ち始めました。
確かに仕事を終え、練習の日々。。
土日も色々なイベントがあり、休む暇はありません。

いくらボランティアとはいえ、
ここまでするものか??
しかし選手たちはこの大会に向け、
筑紫野市消防団の団員としてのプライドを賭けて、
汗を流しながら闘っています。

日ごろから知る仲間の顔。。
選手として頑張っている時の
あの真剣な眼差し、ひたむきに取り組む姿。

かっこいい!!別人みたい。。。(言い過ぎました。。w)

何とかして地区優勝してもらいたい!

この汗が報われますように。。。

がんばれ!!筑紫分団!!

ぜひ応援に来てください!
月曜~金曜PM8:00~10:00
農業トレーニングセンターグラウンド

■2007/08/21 (火)全国若手市議の会 研修編

総会を終え、いよいよ研修!
とても充実した研修でした。
○1日目では、
講師に前我孫子市長 福嶋浩彦氏、
四日市大学総合政策学部長 竹下譲氏、
愛知県前犬山市長 石田芳弘氏を招き
「次世代の地方自治を考えるフォーラム」を勉強しました。

特に首長経験者の福嶋氏と石田氏が対象的でしたが、
2元代表性の意味をもっと明確にするためにも、
議員・議会の質を、
(財政に強い・政策提案型・議会議決権・議員発議など)
これからの向上させなくてはならないと強く訴えてました。
私には足りないものばかり・・。がんばらなくては。。

この日最後の研修では「これからの地方選挙を勝つ方法」
講師は選挙プランナー、アスク代表取締役 三浦博史氏。
この三浦氏は沖縄県知事選で逆転勝利を収めては、
石原慎太郎氏の側近として、
今回はあの丸川珠代参議の側近として・・。
色んな選挙スキルを教えていただきましたが、
三浦氏曰く、
「大事なのは、候補者本人。」
まさに、その通り!
選挙は方法であって、
一番大事なことは、何のために議員になるのか?
非常にためになりました。
○2日目
今全国でもっとも注目されている議会!
北海道は栗山町から議会事務局長が講演!
この町の議会改革は、非常におもしろい!!
といいますのも、議会自体に緊張感と存在感があるんです。
まず議会・議員の役割がしっかりと明示されている
「議会基本条例(この条例自体が意外にも珍しい)」
が制定されていて、議会の審議においても住民への情報開示が
しっかりと整備されています。

特に一般質問では、議員の一方的な質問に対して、
行政側からの逆質問ができ、質問自体の質が問われます。
実際当時議会映像を見ましたが、逆質問される議員が慌てる姿に、
緊張感が伝わってきました。

こうした議会を見て見たいと思いますし、
こうあれば住民も議会に注目されることでしょう。
議会や議員が身近になる。。そんな議会でした。

研修最後にグループディスカッション。
色んな若手議員と意見を交換。
色んな自治体の現状が垣間見え、
非常に参考になりました。
どこの若手議員も同じような悩みを抱えて
頑張っている。そう思えば、
僕も負けないよう頑張らなくてはと思います!!

この2日間、本当に楽しく、
色んな出会いがあり大きな収穫を得ました。
この刺激が我が故郷、筑紫野市に寄与できるものと思います。

しかし日本は広いなぁ。。

■2007/08/20 (月)全国若手市議の会 総会編

千葉県は市川市において、
全国若手市議の会総会が行われました。
九州ブロック代表という大役を
引き受けたのはいいもの、
実は全国総会デビューでして、
一体どんなものなのか非常に緊張しました。

この若手市議の会とは、
35歳までに当選した議員の会でして、
総会に集まったメンバーは実に若い方ばかり。。
おまけに45歳で退会しなければ
いけないということもあり、
とにかく私と同じ世代の方々ばかりです。

全国総メンバー約200人。
九州は今のところ30人です。

しかし、色んな議員さんがいるもんです。
ジャニーズ顔負けのかっこいい議員。
ほんとに議員さんなの?と思わせるくらいの、
かわいい議員さんに、確かに逆な方もいましたが・・w

全国の各自治体で活躍している若手の議員ばかりで、
非常に頼もしく、また触発を受けました。

中には30代で市長選に挑戦した方が、
意外にたくさんいました。
また同じ年齢で副議長してる方など・・。
ほんと驚きです!!

いざ総会では、登壇し前年度の活動報告、
次年度の活動予定を述べなくてはなりません。
各ブロック長が次々に述べます。
皆さん場慣れしてると言うか、
堂々としてました。
私の番になりました。
緊張は、私の頭の中を真っ白にさせます。
終われば、口の中はからから・・。
何を言ったのか覚えてない状態。

まだまだ修行が足りませんねぇ。。。

この日、全国会長に
北九州市議会議員の森ひろあき先輩!!
僕の尊敬する兄貴分です。

また事務局長には、久留米市議会議員の
江口よしあきさん!!
政援隊の仲間でもあり、よき友人です!

この総会で九州ここにありと、
存在感をアピールできました。

とにかく九州を盛り上げ、
その活気を全国へ!!

そして肝心なのは、
筑紫野市のアピール!!
楽しくなりそうです!

■2007/08/08 (水)学生インターンシップ7期生

早いもので、インターン生を受け入れ始め、
この夏で7期目の学生達を迎えます。
今回も皆優秀な学生ばかりです。
毎回受け入れするたびに、学生達から学ぶもが多く、
自分のためにも収穫が多いこのインターン制度。

今日は初日と言うこともあり、
先ずは地元で行われる(8・8筑紫駅襲撃事件)平和祈念、
追悼式に参加させました。

インターン初日。
学生たちにとって初めて触れる議員との活動ですが、
この地元で起きた惨劇という歴史を、
先ず知って欲しかったのです。

なぜ?地元行事に参加させたのか?

それは自分が住む街を愛して欲しいということ。

そこには歴史があり、慣習があり、
そして今この地域で僕らは生活しています。

地域とは生活共同体。

色んな考えを持つ方々がいるけれど、
街が住み易く、いつまでも住み続けるためにも、
この生活共同体で様々な課題に
取り組んで行かなければなりません。
そして大事なのは、
その生活共同体の一角に議員が存在し、
どれだけ責務が大きいものなのか
知って欲しいと思います。

また歴史・慣習は、
これからのどんな街づくりにとっても、
非常に大事なものであり、また面白いものであり、
歴史を知る・行事に参加する事で、
その街がどんどん好きになって来ます。

だから学生達には、この地元行事の大切さ、
地域活動の大切さを知ってほしいと思いました。

もちろんこの日一番知って欲しかった地元の傷跡。
そして二度とこの街でこんな悲しい事件が起きないように、
平和希求。。。
こうした歴史を胸に
僕らが住む街は僕らで創る。。。

こうした意識を持ってもらいたいものです。

■2007/08/07 (火)若手市議の会 熊本研修

いよいよ新体制での初研修。
舞台は今年熊本城築城400年を迎える熊本!!
熊本市のメンバーの計らいの基、
「地域活性化事業について」
「熊本城築城400年大祭について」と
非常に有意義な研修でした。

また研修後の懇親会では、
おいしい肥後料理!!
馬刺しは、もちろんおいしい郷土料理!!
めったに食べられない美味いもの!!
(嫁の料理が一番ですが。。w?)
ここぞとばかりに、食べまくりました!!

熊本の暑い夜に熱い議論!
初対面のメンバーもいましたが、
みんな熱すぎ!!
本当に色んな地方議会の現状、地域課題など
話せば話すほど勉強になり、
何といっても、みな同じ世代だから、
触発させれます!
こうした暑い夜でしたが、
なんとか自分を知ってもらい(見せすぎましたが。。。)
打ち解けた感じがします!

2日間に渡る研修でしたが、
私が明日朝から地元行事があるため、
名残惜しい気がありましたが、
深夜、一足先帰途しました。。(TT)

さて今月20日、東京にて全国大会です!
今!九州が熱い!というところを見せてきます!!

■2007/07/28 (土) 地元の夏祭り

先週の日曜日にやぐらを建て、
本日の祭り本番を迎えました。
今回は地元の婦人会のある(歌手兼三味線の先生)先生
と私が司会ということでひじょうに緊張しましたが、
先生がとても上手なんです!これが!!
時間に余裕が出てしまったところ、
婦人部の方々を呼んで、即興で「千の風に乗って」を合唱!
本当に場慣れしてるというか、
その力と協力のおかげで、
タイムスケジュールもぴったしでした!!
司会の勉強もさながら、
この臨機応変の対応とその協力者の多さは、
真似できません。。

年々若い子供連れの参加者も多くなり、
その背景には、地元の区画整理とともに
新しい方々増えてきている証だと思いました。
しかしながら、こうした地域の行事を通して、
今年もまた新しい良き出会いがあったと思います。
非常に楽しい夏祭りでした。

■2007/07/25 (水)東国原知事の講演

非常におもしろかったです!
今や時の人、東国原宮崎県知事の講演!!
実は、議長の計らいで、
「赤司行って来い!」と議長代理として
出席させていただきました。

ホールには多くの出席者と、
多くの報道陣。。w
本人が登場すれば、会場から大きな拍手が。
しかしこれだけ騒がれているのに、
本当に低姿勢でした。
いざ講演が始まれば爆笑の渦!
あれはもぉ、漫談に近いですw
本人も言ってるように、
県知事の話ではない。w

しかし、さすがでした。

生い立ちから、芸能界のこと、
離婚のことwなど、
会場内の爆笑を誘いましたが、
なぜ県知事を目指したのか?
これからの県政改革や
職員の意識改革など、
聴衆を頷かせ、私自身も勉強になりました。

あっという間1時間。。

この講演の後も下関に行かなければという、
超多忙のスケジュール。。
有名知事は大変です。

しかし芸能界から政界へ転身する方々は多く、
私が言うのも何ですが、
??という著名政治家もいます。

しかし東国原知事は、これまで行政や政治を
よく勉強しているなと言う感じがしました。
もちろん現場はこれから大変でしょうが、
なにより愛郷心が強く、行動・言動がわかりやすい
ところが好感持てます。

その愛郷心は、きっと宮崎を変えてくれるでしょうし、
多くの県民も味方についてくれるでしょう。

私自身にとっても多くの収穫があった時間でした。
議長ありがとうございます!!

■2007/07/16 (月)水の里~竹田市にて

荒城の月で有名な滝廉太郎先生のふるさとでもある、
竹田市に行きました。
たけたと読むんですね。。(すみません。)
観光がてらに若手市議会九州ブロックの事務局長を
務めていただいている竹田市の議員さんと、
打ち合わせをしようかと思ってました。
お忙しい所で会えませんでしたが、
いいところをたくさん見させていただきました。

特に湧水群はすばらしい。
水のすばらしさを改めて実感しました。

私は3箇所行ったんですが、
どこも多くの方々が水汲みに来ていました。

人の体は水で司られている。
それは水こそが命です。
ならば、ここはオアシス!

その場で飲む湧き水のおいしさ。。。

私は残念ながらタンクを持ってきてなく、
ペットボトル入れて持って帰りました。

筑紫野市にも数箇所の湧き水が出ていますが、
中でも産廃処分場を抱える山神ダム上流にも、
湧き水があると聞きます。

本当に申し訳ないですが、
どうしても人に勧められない。。

水の大切さ、
その自然からの恩恵を考えれば、
時間の掛かる産廃問題に対し、
ジレンマばかりです。。

いつか自信を持って勧められる
湧き水として。。。

■2007/07/11 (水)参議院選を迎えるにあたり

いよいよ明日参議院選の告示日を迎える。
この選挙戦にあたり各党「関が原の戦い」と
置き換えるくらい重要な選挙戦と位置づけられている。

これまでの国会を振り返れば、
安倍内閣において3人の大臣が辞任となった。
中でも松岡元農水大臣の自殺は、
色んな意味でショックを受けた。
また法案強行採決や、社会保険庁の杜撰な管理が露呈され、
現在でも赤城農水大臣の事務所費についてなどと、
世間からの不信感は否めない。。

共通して言えるのは、「説明責任が果たされていない」
この一言に尽きると感じる。

説明責任は本来、会計学で使われる用語だが、
これを行政や政界などで取り入れた。
その狙いは、正しく管理されたという内容に対し、
根拠や証拠を示し、説明する義務。

あるテレビ番組の街頭インタビューにおいて、
赤城大臣の事務所費問題について、
ある主婦がこうコメントしていた。

「結局、本人の良心ですよ。」

私はドキッと感じた。

結局、説明責任という形式ばかりに、
大事なものを見失っていたのではないのか?

この主婦が見抜いていた事に、
私自身も改めて考えさせられた。

良心。。
その良心の方向をどこに向けるか。。
 
そういえば参議院とは「良識の府」
29日に良識人を選ばなくてはならない。

どうしてマスコミを通して見る政治は、
私たちにとって、建設的なものでなく、
ワイドショーに見えるのか?

党利党略ばかりが目立ち、
揚げ足ばかりを取る審議内容。

良識の府に政党政治が必要なのかさえ、
疑問を感じてしまう。

確かに議会制民主主義、
過半数取る取らないは重要だ。

だからこそ有権者の皆さんには、
しっかり各政党の将来設計を
見比べていただきたい。

そして良識人を責任を持って選んでください。

■2007/06/21 (木)地域懇談会

毎年恒例の地域懇談会が開催されました。
地域懇談会とは、小学校・PTA・地域の方々が、
集まり、通学路や教育について話し合う事で、
今回も特に通学路に対して、
様々な意見・要望が出ました。
中でも、駅周辺の区画整理に伴い、
車の出入りが激しい交差点では、
毎朝ボランティアで交通整理を
していただいているもの、
大変危険な状態で交通整理にも、
限界が出てきました。
抜本的な処置として、
通学路の見直しが必要となり、
近くにその通学路を使用する地区の方々集まり、
対策を議論することとなりました。

通学路に関してはPTAが主体となり、
決定しなければなりません。

ただ、大人たちの観点も重要でありますが、
子供たちの考えも尊重すべき所もあり、
一番大事なことは、子供たちの危機回避能力を、
どれだけ持たせることが出来るかであり、
非常に繊細な課題だと考えます。

こうした動きも議員として、しっかり受け止め、
子供たちの安全確保に努めていきます。

しかし朝から元気におはようございます!という、
小学生たちからの声かけは、うれしいものです!
だけど、「おう!赤司!」と呼び捨てはやめてね!w

■2007/06/10 (日) ごみゼロ運動とおこもり

この日は朝7:00より、
地元の神社へ豊作祈願。
そもそも、この日はごみゼロ運動の日でもあり、
祈願後、地元の方々と一緒に神社清掃(草刈)をしました。
地元慣習として、この清掃後おこもり(飲み会)を開きます。
しかし地元の方々でさえ、清掃後の打ち上げだと
思っている方も多いかと思います。
地元を守る社があり、こうして地元のみんなで、
豊作や安全を祈願する。
歴史を感じる地元ならではの風習です。

おこもりを通して、色んな方々と語り触れ合う事で、
地元意識と地元愛が芽生える。
本当によくできているなと感心します。

こうした習いを伝えていく事は、
その意味を知ることが大切だと感じました。

■2007/05/20 (日) 中学校体育祭とソストバレー大会

気候も段々夏に向けて暑くなってきました。
今日は中学校体育祭。
各ブロックの応援エール交換や
徒競走など、見ているほうもエキサイティング!
昔を思い出します。
最後まで参加したかったのですが、
この日、市のソストバレーボール大会に、
出場するため中座しなければなりませんでした。。

そうなんです。
毎年出場しているこの大会。
大会終わるたびに、来年はリベンジと思いながら、
この日を待ち続けてました!

議員チームとはいえ、
恥ずかしい話、大会関係者と混ぜたチーム編成。。
また正規のチームは女性を混ぜなくてはいけません。

もはや今年もアブラムシ扱いなのか??

しかし、試合は意外にも意外!!
白熱した試合内容。。
というか、だいぶん相手チームから遊ばれていましたが、
練習相手にはなったのでは??←自画自賛?

まぁ結果は言わずとも、
今年もまた膝や肘は擦りむけ。

大会関係者からは、ほめていただきましたが、
やっぱり勝ちたいなぁ。。

またリベンジに向け、来年もがんばりまっす!!

■2007/05/10 (木)会派ちくし野

いよいよ議会活動が始まります。
その前に筑紫野市議会では、
会派制を導入しているため、
それぞれ議員は会派に所属しなければなりません。
(※所属へは議員任意)
私は今回最大会派となる(10人の議員)
「会派ちくし野」へ所属を決めました。

私自身、前回同様是々非々の姿勢で臨むこの2期目。
大勢の議員を擁する会派ですが、
それぞれのスタンスと個性を尊重し、
自由で活発な論議ができることに魅力を感じました。

またメンバーも新人3人を擁し、
私は最年少議員ではありますが、
2期目ということもあり、
新人議員に対して、
これまで学んだ事を教えたり、
また先輩議員からの指導を受けたりと、
自分が議員としての質を上げていく事が
できると考えます。

こうした会派内での切磋琢磨は、
議会の質の向上へつながり、
行政へのチェック機能は
更に強化されると思います。

ぜひ皆さん!
会派ちくし野に期待してください。

■2007/05/07 (月)気が緩む

気が緩んだのでしょうか。。。
風邪をひいてしまいました。
せっかくのGW(ゴールデンウィーク)。
もちろん、私には関係ない連休ですが、
風邪で寝込んでしまいました。

熱や咳。。。

選挙中じゃなくてよかったぁ。。

事務所にお客さんが来られても、
「赤司君の風邪が移るから。。」と、
自宅へ戻され、監禁状態。

確かに咳は止まりません。
鼻水は止まらず、
くしゃみをすれば、
久しぶりに鼻ちょうちん。

私の苦しむ姿に、
嫁は腹をよじらせて笑いながら、
「カメラ!カメラ!」と。。(><)

つくづく健康が一番です。

気の緩みには気をつけましょうね。。

■2007/04/27 (金)2期目への豊富

1821人もの方々が、
わざわざ投票所へ出向き、
25人もの選択肢の中から、
赤司たいちと言う名を書く。

信じていただいた。

期待をしていただいている。

ただただ、その書いてくださった方々の
想いを裏切らず、その責任をしっかりと
果たしていきたい気持ちでいっぱいです。

正直いまだかつて味わったことない
プレッシャーではありますが、
覚悟の上の2期目であります。

選挙中、厳しいご指導をいただきました。
「君の政策は夢物語」
「若いからと言って何ができるんだ?」

私が思うに議員・政治に対して、
本当にシビアになってきています。
だからこそ、
私が何をしているのか?
議員が何をしているのか?
議会が何をしているのか?
筑紫野市はどうなっているのか?

より一層、しっかりと市民に伝えなければなりません。

とくに市民との情報相互を活性化させるためにも、
街宣活動、チラシ、ホームページなどを
充実させて行きます。
こうした説明責任を果たして行くことを
この2期目大事にしていきたいと考えてます。

皆様に与えられた2期目。
選挙でもお訴えしましたように、
次世代にツケをまわさない。
そのために、どうしても皆様のご理解が
必要な場面があるかと思いますが、
私の政治判断を見ていただき、
ご賛同いただければ幸いです。

どうか今後とも
赤司たいちをしっかりと
見続けていただき、
ご指導、ご叱咤いただけますよう、
お願い申し上げます。

2期目頑張ります。

赤司たいち

■2007/04/23 (月)2期目へのご挨拶

先に行われた統一地方選挙中、
市民の皆様へは、自転車やマイクなどで
多大なご迷惑おかけしました事、先ずもってお詫び申し上げます。
しかしながら皆様のご理解のおかげさまで、
自分の想いをしっかりと伝えることが出来ました。
前回より約500票も多い、
1821票(25人中9位)という身に余るほどの付託をいただき、
この2期目、気の引き締まる想いです。

この2期目は1期目とは違い、
求められるものは大きく、
私の責任は多大であると
覚悟しています。
ともかく、皆様の期待を裏切らないよう、
市政刷新のため、全身全霊をかけ邁進致しますので、
今後とも皆様の温かいご指導いただけますよう、
また、赤司たいちをしっかりと見続けていただけますよう、
よろしくお願いいたします。



赤司 たいち

■2007/04/14 (土) 告示日前日

本当にあっというまに告示日が来てしまいました。
でも前回同様、本当に多くの仲間と地元の方々の
温かい応援のおかげで、ここまで来れました。
中でも、雪がちらつく早朝から、チラシ配り。
何万件ものポスティングなどと、
本当にきつい思いをさせたのにもかかわらず、
何一つ文句も言わずに、ここまで応援してくれたこと、
感謝の言葉は、言い尽くされません。

いよいよ、明日告示日となりました。
これも前回同様、悔いの残すことなく、
自転車と遊説カーに乗って、
一生懸命訴えたいと思います。

筑紫野市民の皆様には、
この1週間、多大なご迷惑をおかけしますが、
何卒ご理解ください。

そして赤司たいちの訴えに、
ぜひ耳を傾けていただき、
ご賛同いただければ幸いです。

尚 私赤司たいちの遊説時間は、
朝9時から、夜7時まで(本来朝8時から夜8時まで)
とさせていただきます。
申し訳ございませんが、許された時間内、
ご迷惑おかけすることお許しください。

いざ明日出発いたします!
最後までご支援・ご声援いただけますよう、
よろしくお願いいたします。



赤司たいち

■2007/03/30 (金)県議選・福岡市議選始まる!

はやーい!
もぉこんな時期となりました。
次に私の番と考えれば、
焦ってしまいます。

政援隊の仲間も、今回頑張っています!
そして私の知人も頑張ってます!

さて地元では、県議選に3人の候補が
出ています。
それぞれ本当に県議として相応しい方々で、
候補者それぞれ、これまでご指導いただいた方々ですが、
今回は、私自身が政治家として、人として
尊敬している藤田先生を個人的に応援します。

それは、これまで地道に福岡のため、
筑紫野市のため、道筋を立ててきて、
派手なアピールなどせず、
真っ直ぐに政冶を行う姿勢は、
本当に私に足りないもの。
そして筑紫野市にとって、
貢献してきた点です。

民主党から自民党?
そんな声をいただきますが、
確かにフラフラしてるように見えるかと思いますが、
私にとって今、政党など関心ないし、
私は私が好きな人、信頼できる人、
そして何といっても、筑紫野市へ還元する事ができる
人物を選んで応援しています。

確かに各候補には頑張ってほしい。
だけど中途半端に見えるのが一番嫌です。
だから私は大手を振って、藤田さんを応援します。

僕は時折見せる、藤田さんの真剣な眼差しを信じてます。

■2007/03/23 (金)任期中最後の議会終了

本日で議員最後の議会が終了しました。
思い起こせば、初議会。

この日記にその当時の事を綴らせていただきましたが、
初々しいというか、ふてぶてしい。。。w
机と椅子の間が広いというのが、第一印象でした。
今では、この距離に慣れましたが、
本当に色んな事がありましたぁ。

本日の議会終了を受け止め、
これまで自分が言ってきた事。
やってきた事。
きっと市民の為になっていると、
確信しています。
もちろん、まだまだ言い足りない事。
遣り残した事あります。

しかしこの4年という長い期間。

この1期でも、
みなさんに与えられた議席だから、
この1期に悔いは残したくない。
とにかく結果を残したいという思いで、
活動してきました。

どうしたら実現できるのか?
どうしたら還元できるのか?

30数歳の若造が何が出来るか?と
思われるのが嫌でしたし、
若いからといって、
逃げたくもありませんでした。

それは70歳だろうが、
30歳だろうが、
1議席だからです。

その重みを議場で表現し、
生意気に訴えてました。

そうです。
私はそこいらにいる兄ちゃんですが、
議場では議員のプライドと、
使命感を持ってやってきました。

議員赤司たいち。
その若さ=生意気さ
それが自分の選ばれた理由だと思ってます。

行政職員の方々には、
本当に嫌なガキやな!と私を嫌う方もいますが、
僕を本当に助けてくれる方も多いから、
僕はこうして1議員として、
恥をかかずにすみました。
こうして職員からも必要とされる議員として
居続けたいです。

さて、本日が議場の
見納めになるかどうかは、
わかりませんが、
この議場の風景を見続ける為に、
選挙にでるのではなく、
僕に何ができるのか?
何をするのか?
筑紫野市の問題意識と使命感を持って、
この議場へ臨みます。

■2007/03/21 (水)自転車に乗って

久々に暖かい一日でしたね!
私は自転車に乗って街宣。
その日は短時間コース。
近くのスーパーへ行きました。

行き交う車から、
指差し笑う人。頭を傾げる人。
手を振ってくれる人。。などなど、
私を覗き込む表情は様々です。

早速、街頭に立ちマイクを握り締め、
いざ演説!
絶好調!
筑紫野市の財政状況など市政について、
今後の取り組みなど熱弁!!

人通りが激しい夕方の
時間帯ということもあり、
そこまで迷惑はかからないと思ってました。

しばらくすると、若い方が、
「すみませーん」と声をかけてきました。

やっぱり私はうるさかったかなぁ?と感じながら、
すぐにマイクを置き、話を伺いました。

すると「街頭演説はやられてもいいのですが・・・」

私「?」

若い方「実はそのマイクの周波数と
スーパーの周波数が同じみたいで・・。」

「あ~~~~~~~」
私の血の気が一気に引いていきました。

つまり電波ジャック!

笑えません。

私は慌てて「すみません。すみません。もぉしません。」

つまり彼は店員さんで、
物腰やわらかく注意に来てくれたのです。

即座に街宣を止め、ひたすら謝る私の姿に、
店員さんも「いえいえ」と帰って行きました。

自転車に乗ることさえ、恥ずかしいのに、
私の演説が店内に流れてた事を考えると、
申し訳ない気持ちと恥ずかしい気持ちで、
さっきまで引いていた血が一気にのぼり、
私の顔は真っ赤になりました。

事務所に帰る途中は、
いつもより俯き加減。。

事務所着き次第、すぐにスーパーに謝罪の電話をし、
拡声器のチャンネルを変えました。

この場を借りて、
本当に申し訳ございませんでした。
今後はしっかり買い物させていただきます。。。
m(_ _)m

■2007/03/12 (月)結婚式スピーチ

短大時代の友人が、昨日めでたく結婚しました。
前々から友人スピーチをしてくれと頼まれましたが、
私自身、街頭演説はするもの、
こうしたものは、どうしても苦手です。。。

式は華やかで、友人も本当にしあわせそうでした。
やがて式目は私の番となりました。

情けないことに緊張で足が震えます。。
マイクを持たされ、いざ話始めたのはいいのですが、
そういえば奥さんの名前を覚えていない。

さぁとんでもない事に!!

血の気がスーッと落ちていくのがわかります。
思わず私は、「えー名前何でしたっけ?」
場内失笑。

人間って面白いものですね。
これでふっきれまして、
非常にリラックスして話すことができました。

これが不思議で、
友人とはやんちゃばかりしていたせいか、
こんな所で言えないNGばかりの思い出ですが、
彼の長所を我ながら上手く表現できました。。。w
まぁ友人は酔っ払って、多分覚えてないでしょうが。。

なんだかんだのお祝いスピーチでしたが、
友人と奥さん達の、満面の笑みを見れば、
私のスピーチが良いの悪いのなんてどーでもいいこと。
とにかく二人は幸せそのものでしたから。w

やっぱ結婚式っていいものですねぇ。

先ほど、うちの嫁様に、
「もぉ一度したいねぇ?」と言うと、

「次は別の相手やね。。」

オー!ノー!
なんてこったい!

嫁様に三行半つけれないよう、
我が家でも政治活動は続いてます。。。(><;)

ともかくおめでとう!
末永くお幸せに!

■2007/03/06 (火)駅立ち

夜の駅立ちを始めました。
寒の戻りでしょうか?
むちゃくちゃ寒い初日でしたが、
筑紫駅西口にて、旗立てて
「おつかれさま」の挨拶。。。
前回は東口での駅立ちでしたが、
やはり地元にある駅口に立つ事に
意義があると思い、思い切って変えました。

多分ほとんどの方々が、
何してるやろ?と思っていると思います。

ただ立って挨拶するだけではなく、
もっと嗜好こらしながら、
行きかう方々から学ぶものを得たいと思っています。

夜立ちは、これから土日除いた、
概ね夜20:00から22:00までと考えています。
声掛けてください!
そして市政に対しての意見などお待ちしております。

■2007/02/25 (日) 神事

本日、私の後援会事務所が開きました!
事務所が小さいもので、
大々的な事務所開きはせず神事のみ。

それでも後援会の役員の方々や
地元の強力な支援者の方々が、
来ていただき、事務所はギュウギュウ。。

また神妙な中、私の携帯が。。。
こういう時に限って、
マナーモードするのを忘れていました。
なんつー失態。
反省です。。。

皆様のご協力のおかげで
無事に滞りなく奉納することができましたが、
転ばぬ先の杖じゃないけど、
何事にも事前にチェックですね!!

ぴしゃり気を引き締め!
いざ走り出しますよぉ!

狭い事務所ではありますが、
ぜひぜひ遊びにきてくださいね!
お待ちしております!

■2007/02/03 (土) ふれあい祭り

本日は地元の小学校で、
毎年恒例のふれあい祭りが行われました。
地域と子供達がふれあうという事で、
餅つきがあったり、バンド演奏があったり、
ストラックアウトがあったりと、
色んな催しものがあり、子供達は喜んでいました。

今年は暖冬とはいえ、寒い一日ではありましたが、
はしゃぎまわる子供達、それを見守る地域の大人達。
やはり学校教育も大事ではありますが、
こうして地域の方々とふれあうことで、
互いに教えられる事が多くあると感じます。

地域自主教育。
つまり地域が子育てと教育をしていく事が、
これから必要ではないかと思います。
それはやがて子供達が大きくなり、
次代へと地元への愛着心を繋いで、
いかなければならないと痛感しました

■2007/01/29 (月)2期目に期待すること ~後編

自主財源拡充策だけで筑紫野市は救えるのか?

今回の市長選では各候補、企業誘致を掲げていた。
現実、近年イオン・ドリームタウンなどの誕生により、
固定資産税などの年間数億の収入と多くの雇用が見込まれる。

しかし、これから先、筑紫野市は10万都市となり、
人口が増えれば当然ニーズも多様化する。
こうした中、行政サービスの低下への懸念は積もる。

さてこれらの自主財源だけで、
行政サービスを確保していけるならいいが、
やはり行政サービスのあり方自体を変えるべきと考える。
それは、民と官と、しっかりと使い分けをすることが、
今後必要ではないかと考える。

つまり指定管理者制度を有効に使ったり、
コミュニティビジネス・NPOなど、
最近では新会社法が変わり、
資本金が要らなくても会社を立ち上げる事が出来る。

つまり多様化するニーズに対し、こうした民間の力を
借りていかなければ、行政の受け皿はパンクしてしまい、
ましては、市職員の削減などを考えれば、
課題解決に時間がかかる。

最近マスコミが頻繁に流す問題として、
団塊の世代(第1次ベビーブーマー)が退職を経て、
第2の人生を送るようになる。
私は、そうした英知を持った方々が、
この筑紫野市の多様化するニーズに対応でき、
その方々が活躍できるような、システムづくりが必要だと考える。

もちろん、対象は団塊世代だけではなく、
若者でも老年の方々でも、
そういうやる気のある人材を輝かせる事、
それは行政、市長の役目であり、
民間力・市民力を大いに利用すべきと考える。

私が思うに、地域自立するためには、
人間・財源・権限が必要と考える。
故に、財源を使わなくとも、
人を活かすことで人が助かる。
こうしたシステムを出来ればと期待してます。

まだまだ山積する課題は多いですが、
市長自ら、果敢に取り組まなければなりません。

2期目の政治手腕に期待してます。

■2007/01/29 (月)2期目に期待すること~前編

2万票を目前の得票で、
再選を果たした平原市長。
この4年間の実績が評価されたのだろうと考える。

私自身もこの4年間、
議会の中で、市長の様々な取り組みに対し、
賛同、或いは反対もしてきたが、
財政健全化計画を軸に、
団体などの補助金カット、
自らの給与カットなど、
多くの反発を買いながらも、
思い切った施策施行は、
市長の使命感というのを感じた。

市の基金は取り崩すもの、
多くの無駄を排除し、
財政健全化へ向けた土台を作り上げたのは間違いない。

しかし巷では”お金が無いから、何も出来ない。”
そんな雰囲気になっているのも事実である。

現在財政健全化計画施行中。

限られた財源をどのように使っていくのかと、
第4次総合計画(この先10年の筑紫野市ガイドライン)
の中に、マトリックス(事業優先順位)などを作成したもの、
これから先細り行く交付税や補助金の事を考えれば、
事業の長期化など懸念は募るばかりである。

■2007/01/21 (日) 筑紫野市長選告示

いよいよ市長選挙が始まりました。
市長とは、議員と違い大きな権限(執行権)
を持つ事から、市政の未来をを司る
大事な舵取り役です。
だからこそ、市民の皆さんには
この選挙に対する責任(投票)を
ぜひ行使していただきたいと考えます。

今回の論点として、
私が考えているのは、
やはり財政。

これから先、財源が厳しくなる中で、
市民ニーズにどれだけ応えれる事ができるのか?
各候補の政策に注目していただきたいと思います。
地方が自立するためには、三原則が必要といわれています。
「財源」「権限」「人間」

筑紫野市を輝かせるために、
この三原則を活かせなければなりません。

特に地域間競争は激化していくからこそ、
今筑紫野市のポテンシャル(潜在能力)を
引き出す市長のリーダーシップが求められます。

ぜひとも皆さん、
この市長選に関心を持っていただき、
1週間にわたる各候補の訴えに耳を傾けていただき、
筑紫野市民としての意思表示を投じてください。

We Love Chikushino!
筑紫野市民のプライドを持って! 

■2007/01/15 (月)セクハラ事件について 後編

私は今だとセクハラとして、
充分訴訟できるくらいの事をされた事もあった。

「ゆーこと聞かなければ、キスするぞ!」と、
わざと顔を近づけ迫り来る。

股間を触ってきて「おい赤司元気か?」

私は確かに嫌悪感はあったが、
おのずと笑いが出て、必死に抵抗を続けながらも、
それはその先生のコミュニケーションだと理解できていた。

お金を渡す行為(ジュースなど買ってもらうなど)
これが口止めだと考えれば、更に罪は重い。

しかし昔、先生からおごってもらったりした記憶がある。
部活や何かのイベントで作業が遅れた時、
先生が飯をおごってくれた。
日頃の先生という立場ではない愛情と、
先生が大人だと感じた。
非常に先生が身近に感じた記憶がある。

加害者を擁護する気はまっさらないが、
もし、この先生が昔気質のタイプであったら、
なぜかこの事件は悲しい気分になる。

子供達のコミュニケーションの受け皿。
コミュニケーションのとり方。

すべて時代が変わったのか?

事務的な先生ばかりでいいのか?
色んな先生がいて、色んな事を教えられる。
学校は小さな社会であった。

ある友人の葬式で、久しぶりにあった先生と
話した事が、今も重く考えさせる。
当時20数歳だった先生。
「生徒と一緒に成長してきた。」

先生も人間。

しかしながら生徒の苦痛を考えれば、
先ず持って処罰されるべき、今回の事件。
ただこの問題は本当に根深く、
今後の教育指導に対しての岐路さえ思える。

■2007/01/15 (月)セクハラ事件について 前編

ニュースや新聞などで、もうご存知かと思いますが、
先日このような事件が筑紫野市で起きました。
<筑紫野市の中学 教諭、男子にセクハラ 7人被害 金渡し口止めも
 福岡県筑紫野市の中学校で、40代の男性教諭が男子生徒7人に対し、校内の個室で下腹部を触ったり、性的な内容の電子メールを送り付けたりするなどのセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)行為をしていたことが12日、分かった。嫌がったり怒ったりした生徒には、現金1000円前後を渡し「誰にも話さないでくれ」と依頼していたという。
学校側は教諭を自宅謹慎とし、市教委にも報告している。

 同中や関係者によると、教諭は2006年12月下旬、指導を名目に男子生徒(15)を呼び、職員室近くの個室で、ズボンの上から生徒の下腹部を触るなどした。同様の行為を受けた生徒はほかにも2人いるという。
 
 また同年秋ごろから2、3年の男子生徒に対し「僕には君が必要だ」「君っていい男だね!」などのほか、一部わいせつな内容の電子メールを送信した。メールの送信は、平日や休日、早朝から深夜まで日時を問わず、中には1時間に15通が届いた生徒もいたという。
 昨年12月下旬に生徒の苦情を受けた学校側が調査して発覚、直後から自宅謹慎となった。教諭は同年4月に着任。社会科を教えるほか、3年の進路指導に当たっていた。同中の校長は「監督責任を感じている」と述べた。>
=西日本新聞今月13日付=

現在教育委員会では、事実関係を調査中。
結論、最後は県教委の更なる厳正処罰が下る訳だが、

教員の資質を問われるだけの問題なのか?

「コミュニケーションを図る」この行為が、
結局生徒達にとって苦痛であった事は間違いない。

しかし加害者の先生自身に、そうした趣向があったか?
だとすれば、大罪。
しかし昔を振り返ると確かに色んな先生がいた。

■2007/01/07 (日) 出初式

消防団毎年恒例出初式!
昨日は吹雪・・・・。
かなり今日の日を迎えることに、
嫌悪感を抱いてました。

朝、防寒対策として、上着の中には4枚。
下は2枚。つま先にはホッカイロ。。
上下パンパン。。まるで着ぐるみのよう。。w

朝7時より、地元のほうげんぎょうを済ませ、
出初式に向かいました。

約3時間に渡る出初式。
づっと立ちっぱなし。
しかし暖冬のおかげでしょうか、
時より吹く風は冷たいものの、
昨年より暖かく感じました!

みんな丸々着込んでいるせいか、
行進の時は、動きが滑稽。。w

せっかく防寒対策してきたのに、
なんか拍子抜け。。。

しかしながら訓示や、
来賓のお話など聞き入る事が出来、
あらためて消防団員としての、
使命を感じ取る事ができました。

昨年の火事発生件数は、
筑紫野市創立以来、
最低数でした。
また全焼が無かった事は、
本当に嬉しく頼もしい事です。

今年もこの数字をキープできるよう、
我々消防団元より、
市民の皆さんの火の元チェックなど、
気をつけていかなければなりません!

何時起るかわからない災害だからこそ、
危機管理はしっかりと!!

■2007/01/02 (火)ぷち同窓会

夜に知らない携帯番号で電話が入った。
それを取ると
「赤司しぇんしぇーですかぁ?」
こういう馬鹿にした言い方。。
私に近い人物。。
「おれおれ!」
5年ぶりにかかってきた中学の時の同級生だった。
とりあえず集まって飲んでるからと、
召集がかかった。

行けば中学卒業以来に会う同窓生や、
久しぶりに会う友人。。
みんな全国各地に散らばっている。

体型は変わってたもの、
やっぱ中身は変わってない。。

しかし面白いもので、長い時間会ってないのに、
話は盛り上がる。。

中学当時の話。
「俺は誰々が好きやった。。。」
純粋だった彼も今やバツイチ。。w

中学生の頃にみんな戻る。

素敵な時間だった。

ある友人から
「赤司、俺達はここにいないが、
応援してるぞ!」

確かに投票権を持っていない彼らだが、
その支えは本当に大きいものだ。

俺達が育ったこの筑紫野市。
俺達が未来を創る責務がある。

おまえらの分まで、
この故郷で、しっかり頑張るからな!

まかせとけ!
友よ!また会おう!

■2007/01/01 (月)新年を迎えて

新年明けましておめでとうございます。
旧年は本当にお世話になりました。
本年も宜しくお願いします。

さて消防団の夜警や忘年会と、
非常に慌しい年末でした。

新年を風呂掃除で迎え、
毎年恒例友人宅へ新年会。
その後、地元の筑紫神社へ参拝。
その後、元朝式へと。。。
帰宅後綺麗になったお風呂に入り、
8:00に就寝。
12時に起きて、
親戚の集まりへ。
その後、数件知人宅へ新年の挨拶。
日が明け、太宰府天満宮へお参りと。。

一年の計は元旦にあり。
おかげさまで、今年も忙しくなりそうです。

新年を迎えまして、
今年は年男でもあり、
猪突猛進!
真っ直ぐ勝負です!

今年もまた、
赤司たいちをしっかり見ててください!
宜しくお願いいたします。

そして皆さんにとって、
本年もまたいい年でありますように。
2007