title_report.gif

ドットJP 学生インターンシップ 6期生 報告

福岡女学院大学 2年
佐藤 みさき

2ヶ月間のインターンをしてきて、活動内容としては名簿作り、ポスティング、朝立ち、議会傍聴、様々なことに取り組ませていただきました。

私がインターンを行った時期がちょうど選挙前で、最初は選挙にどう関わっていくか何も分からぬまま活動をしていました。議員さんがお話ししてくださることも初めて聞く内容で、とりあえず知識を増やすために新聞を読み始めました。選挙活動のお手伝いをしていく中では、毎回発見がありました。

朝立ちでは、雪が降っている寒い中でビラを配ることがどれだけ大変か、実際に体験して感じました。ビラ配りに対して全く視界に入ってこなかったことが、自分がそれをすることで身近に感じました。

選挙が近づくにつれ、選挙がどのような条件のもと行われているかなど、知識も増えてきます。また、今までやってきたことすべてが「選挙」という大きな目的につながっているのだと実感しました。

細かいこと、些細なことを積み上げ、行動していくことで、だんだん一つの目的が見えてきます。

これはやはり2ヶ月という長期間、選挙に携わってきたからこそ分かるものだと思いました。

 
このインターンシップで大きく学んだことは「人とのつながり」です。

議員さんの後援会の方々の大部分が地域の集まりであること。
これは地域の方々の誠意で行われていることであり自発的な協力のもと成り立っています。

私の日常生活の中で地域の方々との関わりや、地区での集まりなどがないため、このことは私の中で衝撃でした。

足の悪い中でも毎日事務所に足を運んでくださる方や、率先してお世話をしてくださる方もいます。そのような方の支援が選挙事務所を立ち上げていく原動力になるのだと気づき、「人のつながり」というものは本当に大事なものだと感じました。

そして、それを築きあげていくものは議員さんの人間性や人をひきつける豊かな感性だと思います。自分の持っている魅力や個性を表面に出していくことで人から好感をもたれるのだろうと議員さんを見ていて感じました。

私もこれからさまざまなことに触れ、挑戦しながら多くの教養や感性を身につけていきたいと思います。


私は今回議員さんと関わっていくことで政治を見て、選挙というものがどれだけ大切なものなのかを肌で感じました。今、自分が全く携わっていない世界をのぞくことでこんなにも視野が広がるのだと気づき、驚いています。

議員さんと関わって、一票の重さを知ることができて本当によかったと思いました。
これを機に、これからも臆病にならずになんにでも挑戦しようとする意識を持って、あらゆる知識を取り入れ、いずれは一つの目的を持って進んでいきたいです。また、今まで培ってきた「人とのつながり」をこれからも大切にしていこうと思います。

議員さんやそのご家族の方と一緒にお仕事ができて楽しかったです。2ヶ月間という短い期間でしたが、今からの私の社会人としてのスタートに役立てたいと思います。本当にありがとうございました。